h onnsi

 総合美術雑誌「美術屋・百兵衛」No.46では秋田県を特集!

トップページ 注目のアーティスト リンク集 足跡 MR.M アート見て歩き アート日々 ご購入・お問い合わせご購入・お問い合わせ facebookページ twitter

【 最 新 号 】
美術屋・百兵衛
2018年夏号 vol.46 秋田特集

全国大手書店にて7月8日(日)発売

定価500円(税込)

今号の「美術屋・百兵衛」は、秋田犬やナマハゲ、きりたんぽ、竿燈祭りなど多くの魅力が溢れる場所、秋田県にスポットを当てました。解体新書の挿絵を描いた小田野直武が中心となって取り組んだ秋田蘭画や、秋田公立美術大学で教鞭を執りながら現代美術家として活躍する大谷有花を特集しています。また、秋田県出身の現代アーティスト・鴻池朋子が展開する9月15日から開催予定の展覧会「鴻池朋子『ハンターギャザラー』」の見どころにも迫ります。藤田嗣治の大壁画で知られる秋田県立美術館や秋田県立近代美術館、秋田市立千秋美術館、秋田公立美術大学なども紹介。秋田のみならず、全国の旬なアート情報も満載です。

 


特集 秋田文化考
現代アーティスト 鴻池朋子 インタビュー 
丘の上に立つ、ガラス張りの美術館 秋田県立近代美術館
江戸に咲いた秋田の華 秋田蘭画(文=山本 丈志)
秋田市の中心部から芸術の魅力を伝える 秋田市立千秋美術館
全国から学生が集まる大学 秋田公立美術大学 
キミドリ色からはじまった 現代美術家・大谷有花
藤田嗣治の名品を所蔵する 秋田県立美術館
みちのくの小京都 角館
平福父子の作品を顕彰する 仙北市立角館町平福記念美術館
ルネ・ラリックの世界に浸る 大村美術館


百兵衛の眼

2018年夏から初秋に開催される 話題のアートイベント 大地の芸術祭/水と土の芸術祭/山形ビエンナーレ/ART OSAKA/UNKNOWN ASIA
注目の美術館 MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless/美術愛住館/大塚国際美術館
REIJINSHA GALLERYリニューアル 銀座6丁目から日本橋大伝馬町へ
ART AFTER HUMAN 森美術館館長 南條史生トークイベント
現代アートが未来を描く 第2回(文=庄司 恵一) ほか

連載
高橋 周平&金舩 卓志/勅使河原 純/中野 中/ヤマザキ ムツミ/山本 冬彦

全国ミュージアム情報
東京都庭園美術館(Restaurant du Parc)

縄文 ー 1万年の美の鼓動(東京国立博物館)
ハピネス 〜明日の幸せを求めて(名古屋ボストン美術館)
モネ それからの100年(横浜美術館)
生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。(東京ステーションギャラリー)
高松市美術館開館30周年記念 つながりかえる夏(高松市美術館)
紫舟イズム-新しい書-(阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー)
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!


*** 「美術屋・百兵衛」って? ***
手軽に美術が楽しめる、ワンコイン美術館「美術屋・百兵衛」。
美術が好きだから、これまでアートに興味のなかった人にも美術の面白さ、素晴らしさを伝えたい。そんな私たちの想いから、2007年4月に創刊したのが季刊「美術屋・百兵衛」。日本の47都道府県のうち一箇所を各号でピックアップし、美術を中心としたその地域の文化全般を紹介しています。「美術は難しそうで」と食わず嫌いの方にも興味を持っていただけるように、時にはグルメ情報を入口にしたり、あるいは祭りやイベントを取り上げたり……。様々な文化を通して最終的にはアートの面白さを伝えます。
価格も500円(税込)と、手に取りやすいワンコイン。おかげさまで号を重ねる毎にファンも増え、最新号は創刊46号を迎えました。



最新号表紙 百兵衛愛媛号中身9月、地元秋田で大規模個展「ハンターギャザラー」を開催する鴻池朋子のロングインタビュー

百兵衛愛媛号中身日本画に西洋の技法を取り入れた 「秋田蘭画」の世界

百兵衛愛媛号中身秋田蘭画を始めとした近代以降のコレクションを楽しめる秋田県立近代美術館


 
 

百兵衛は全世代の読者へ美術を浸透させます
麗人社
プライバシーポリシー問い合わせ

掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 Copyright© Reijinsha Co., Ltd. 2016