h onnsi

 総合美術雑誌「美術屋・百兵衛」No.47では福井県を特集!

トップページ 注目のアーティスト リンク集 足跡 MR.M アート見て歩き アート日々 ご購入・お問い合わせご購入・お問い合わせ facebookページ twitter

【 最 新 号 】
美術屋・百兵衛
2018年秋号 vol.47 福井特集

全国大手書店にて10月7日(日)発売

定価500円(税込)

今号の「美術屋・百兵衛」は、福井県にスポットを当てました。福井の秋は見どころがいっぱい。定番の永平寺や東尋坊はもちろん、県内各地で開催中の「幕末明治福井150年博」も必見です。NHK大河ドラマ「西郷どん」で注目される動乱の時代に、福井がどんな役割を果たしたのかが楽しみながら学べます。紅葉が美しい季節、陶芸村で越前焼三昧の一日を過ごすのも良し。旅と言えば温泉がつきものですが、名湯あわら温泉の近くには、自然に囲まれたお洒落なアートスポットもあります。11月には越前ガニも解禁!! この秋、福井を旅してみませんか?
福井のみならず、現代アーティスト・小松美羽の最新情報をはじめとした全国の旬なアート情報も満載!

 


特集 福井文化考
開館40年を越え、未来へ。 福井県立美術館 
全盛期を福井で過ごした奇想の画家 岩佐又兵衛
祈りの場で触れる静かな美 大本山 永平寺
「みる」と「つくる」が一体化した美術館 福井市美術館[アートラボふくい]
広大な森の中で非日常的なアート体験を 金津創作の森 
公開の時を待つ仏教美術の粋 日天山願教寺コレクション
福井の歴史を知る 幕末明治福井150年博 福井市立郷土歴史博物館/福井県立歴史博物館
越前陶芸村 秋の一日、越前焼に浸る。 福井県陶芸館/越前古窯博物館
越前市[かこさとし/いわさきちひろ/手仕事のまち]
仏と祭りの宝庫、若狭の地に立つ 福井県立若狭歴史博物館


百兵衛の眼

絵に込めた、鎮魂の想い。 小松美羽“祈り”
秋のアートイベント BIWAKO ビエンナーレ 2018/アートまるケット 2018/六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018/第14回 大分アジア彫刻展
日本文化藝術財団 25周年記念助成対象アーティスト決定!
京都国際映画祭2018 映画もアートもその他もぜんぶ
OSAKA ART FES @梅田 Hanshin 新しいアートの楽しみ方
日本橋美術散歩-其の壱- 
REIJINSHA GALLERY 日本橋・浮世絵発祥の地が現代アートの発信地に
ART OSAKA レビュー 現代美術に特化したホテル型アートフェアが今年も開催
現代アートが未来を描く 第3回(文=庄司 恵一) ほか

連載
高橋 周平&金舩 卓志/勅使河原 純/中野 中/ヤマザキ ムツミ/山本 冬彦

全国ミュージアム情報
東京都美術館(レストラン サロン)

マルセル・デュシャンと日本美術(東京国立博物館)
フェルメール展(上野の森美術館)
横山華山(東京ステーションギャラリー)
網膜と記憶のミトロジー(セゾン現代美術館)
ピエール・ボナール展(国立新美術館)
あべのハルカス美術館で体験せよ!!! 展覧会「太陽の塔」(あべのハルカス美術館)
ぼくのおくさん☆柴川敏之展 PLANET HOME(つなぎ美術館)
東京・名古屋・京都・大阪・神戸のアクセスマップを掲載
先着順であたる!読者プレゼントも実施中!


*** 「美術屋・百兵衛」って? ***
手軽に美術が楽しめる、ワンコイン美術館「美術屋・百兵衛」。
美術が好きだから、これまでアートに興味のなかった人にも美術の面白さ、素晴らしさを伝えたい。そんな私たちの想いから、2007年4月に創刊したのが季刊「美術屋・百兵衛」。日本の47都道府県のうち一箇所を各号でピックアップし、美術を中心としたその地域の文化全般を紹介しています。「美術は難しそうで」と食わず嫌いの方にも興味を持っていただけるように、時にはグルメ情報を入口にしたり、あるいは祭りやイベントを取り上げたり……。様々な文化を通して最終的にはアートの面白さを伝えます。
価格も500円(税込)と、手に取りやすいワンコイン。おかげさまで号を重ねる毎にファンも増え、最新号は創刊47号を迎えました。



最新号表紙 百兵衛福井号中身福井有数の歴史と伝統ある美術館、福井県立美術館

百兵衛福井号中身金津創作の森はあわら温泉から車で約15分、広大な森の中でアート体験をたのしめる

百兵衛福井号中身9月に大規模個展を終えた小松美羽の今後の展覧会情報を紹介


 
 

百兵衛は全世代の読者へ美術を浸透させます
麗人社
プライバシーポリシー問い合わせ

掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。 Copyright© Reijinsha Co., Ltd. 2016